諏訪6市町村広域手話奉仕員養成講座

 

6市町村諏訪地区手話奉仕員養成講座

岡谷市社会福祉協議会では
6市町村(岡谷市・下諏訪町・諏訪市・茅野市・原村・富士見町)からの依頼を受け
障害者総合支援法第77条第7項の意思疎通支援事業を根拠とした
市町村の必須事業である手話奉仕員養成講座を開講しています。
名称を諏訪6市町村広域手話奉仕員養成講座としています。

講座では富士見町の方、原村の方、茅野市の方、諏訪市の方、下諏訪町の方、岡谷市の方、
それぞれの市町村から集まった方で手話を勉強します。

期間は5月から3月までの全41回講座
申し込みは3月又は4月です。
定員は20名
条件は全日程参加できる見込みの方(年齢制限はありません。)

募集に関しては
岡谷市社会福祉協議会ホームページまたは
各市町村3月又は4月どちらかの広報に掲載されます。
市町村広報または、社協広報をご確認ください。

手話奉仕員養成講座修了後に次のことが望まれます。
  • 手話奉仕員として地域で聞こえない方と活動を共にすること。
  • 将来的に手話通訳者を目指すこと。
という大きな二つの目的があります。

手話奉仕員養成講座受講の様子左講師前側受講生、講師の真似をしている受講生の様子

本事業は岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町、原村、富士見町からの
大切な委託費(国や県、各市町村の税金)により運営されています。
 

日誌

意思疎通支援事業【手話・要約筆記】
一件も該当記事はありません。

手話奉仕員とは

手話奉仕員とは手話で話しができる。
聴覚障がい者の生活を理解し一緒に活動を理解してくださる方つまり
手話でつながる仲間のことです。

是非皆さんも手話奉仕員養成講座を受講し手話を話せる仲間になりましょう。
 

手話通訳者とは

異なる言語を話す2者のコミュニケーションを成り立たせるのが通訳者の仕事です。
手話通訳者は、日本語を話す聴者と普段手話を利用して生活するろう者の2者の
コミュニケーションを成り立たせる仕事をしています。

手話奉仕員はろう者とともに活動したりサポートしたりすることが求められます。
手話通訳者はろう者と聴者の手話通訳をおこなう者です。

手話奉仕員と手話通訳者は大きな違いがあり通訳は手話通訳者に任せましょう。
 

手話奉仕員養成講座以外の手話を学ぶ場所

手話奉仕員養成講座の受付は3月または4月のみです。
時期や時間帯があわなかったり、定員に達して受講できない場合もあります。
そのようなときには下記の手話を学ぶ場があります。

手話サークル


いちばん身近な手話を学ぶ場は手話サークルです。
諏訪圏域には4つの手話サークルがありそれぞれ特徴があります。
お気軽にお越しください。
  • 岡谷市手話サークル 昼 第2第4水曜日 10:00から12:00
  • 岡谷市手話サークル 夜 毎週木曜日  19:30から21:00まで
  • 諏訪市手話サークル 夜 毎週木曜日  19:30から21:00まで
  • 茅野市手話サークル 夜 毎週木曜日  19:30から21:00まで
  • 富士見町手話サークル 夜 毎週水曜日 19:30から21:00まで
詳細は
長野県の手話サークル紹介ページ

市民手話講座

諏訪市・茅野市・富士見町は、市民手話講座を開講しています。
回数は10回前後でいずれも夜です。毎年8月から10月頃開講されています。
それぞれ下記にお問合せ下さい。
諏訪市福祉課
茅野市地域福祉推進課
富士見町社会福祉協議会

長野県民手話講座

長野県は全国4番目に手話言語条例が制定された県であり、
手話推進の県としても、トップランナーです。
一般の県民に手話を普及する取り組みも積極的に行っており県民手話講座もその一つです。
10月頃に開講されます。詳しくは、ホームページを御覧ください。
県民手話講座(入門)ホームページ

国立障害者リハビリテーションセンター学院

手話を専門的に学びたい方が通う学校です。
2年間毎日手話を学び手話通訳士を目指します。
本来手話は言語のため習得には相当の時間がかかるものです。
将来的に通訳者として聴覚障がい者支援を仕事としたい方はぜひご検討下さい。
国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科

 
手話奉仕員養成講座修了者様へ

修了後の手話通訳者養成講座受講に向けて下記講座が行われます。
積極的な受講をお願い致します。

【岡谷市手話フォローアップ講座】
岡谷市では修了者の皆様向けにフォローアップ講座を開講しています。
1年間に合計10回開講しています。
詳しくは岡谷市社会福祉協議会までお問合せください。

【長野県ステップアップ講座】
長野県ステップアップ講座が開講しています。積極的な受講をお願い致します。
http://w2.avis.ne.jp/~syanadek/
 

手話通訳者として活動するために

手話通訳者となり活動するためには人にもよりますが少なくとも5年はかかります。
  1. 手話奉仕員養成講座を受講する(目安1年から2年)
    入門
    基礎
  2. 手話サークルに入り活動をする(1年以上)
  3. 手話通訳者養成講座を受講する(3年以上)
    通訳Ⅰ
    通訳Ⅱ
    通訳Ⅲ
  4. 全国統一手話通訳者試験を受験し合格する
  5. 手話通訳者として活動する
 
通訳者養成講座受講者・修了者・手話通訳者の皆様へ
【岡谷市手話フォローアップ講座】
岡谷市では修了者の皆様向けにフォローアップ講座を開講しています。
1年間に5回開講しています。詳しくは岡谷市社会福祉協議会までお問合せください。
 

アンケート(申し込みではありません)

講座日程等に関するアンケート
質問1:
性別

質問2:
年代

質問3:
お住いの地域

質問4:
開講した場合参加ができる地域

質問5:
開講したら参加できる曜日

質問6:
開講したら参加できる時間帯

プライバシーポリシー |  マップ |  リンク | 
岡谷市社会福祉協議会
〒394-0081 長野県岡谷市長地権現町4丁目11番50号
電話 0266-24-2121 FAX 0266-24-3555
info★okaya-shakyo.or.jp (★を半角@に変えて下さい。)
Copyright(C) 2016-2017 岡谷市社会福祉協議会 AllRightReserved.