岡谷市社会福祉協議会

 

社会福祉協議会からのお知らせ

社協のお知らせ
12
2018/04/04

育児ファミリーサポート 研修会参加者募集

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

「岡谷市育児ファミリー・サポート・センター」は、子育てをサポートしてくださる協力会員を募集しています。
現在、現役の子育て中の方や、子育て経験豊富なおばあちゃん世代の方も活躍されています!
地域の中で支え合い、つながり合う子育て支援に皆さんのお力を貸してください。

現役子育て世代は今必要な知識を!子育て卒業世代の方には、子育ての最新知識を!
  • 対象者  子育て支援に関心のある方
  • 時 間  午前10時~11時30分 
    ※第6回のみ 9時30分~12時30分
  • 定員  30名(定員になり次第締め切り)
  • 会 場イルフプラザカルチャーセンター 第7研修室
    ※第5回のみ 調理室
  • 応募要件  原則として次のいずれにも該当する方
    1. 市内にお住まい、又はお勤めが市内の方(20歳以上)
    2. 働くお父さんお母さんを応援したい、子どもが好きな方
    3. 全講座受講し協力会員として活動できる方
申込みはファミリーサポート・センター(岡谷市社会福祉協議会)まで
第1回  5月10日(木)
【子育て支援サービスを提供するために】
・実際に活動を行うにあたって
・初対面の方とのコミュニケーション
 講師:・ファミリーサポート アドバイザー
    ・傾聴みみずく

第2回 5月24日(木)
【保育の心・子どもの遊び】
・子ども親の理解
・わらべ歌、ふれあい遊び
・簡単おもちゃ製作
講師:髙橋 桂子さん(こどものくに館長)

第3回 6月7日(木)
【子どもの心の発達とその問題】
・障がいを持ったお子さんの接し方
・心の発達と保護者との関わり
講師:山﨑 寿子さん(臨床心理士)

第4回 6月21日(木)
【小児看護】
・健康状態の観察法
・症状による対処法
・食に関わる子どもの発達
講師:新村 節子さん(看護師)

第5回 7月12日(木)※場所変更:調理室
【子どもの栄養と食生活】
・子どもの食生活
・食物アレルギー児などの特別な対応が必要な場合
・食育
・食事作り※簡単な料理実習。エプロン三角巾が必要
講師:小泉 絵里さん(栄養士)

第6回  7月19日(木)※時間変更:9:30から12:30
【救命講習】
・子どもの事故(誤飲、やけど、転倒、転落)の対応
・応急手当て
・心肺蘇生法
講師:岡谷消防署

積極的な参加をお願い致します。
17:10
2018/04/02

【基金寄付】東堀 星桜会様

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協
昭和44年(1969年)発足 現在の会員数約60名
戦争体験者が平和の願いを語り継ぐことを目的に発足した。
月2回の活動(ハーモニカ、盆栽、カラオケなど)をつうじて親睦を深めている。
会合や、イベント時に募金箱により募ってくださいました。
福祉のためにと寄付いただきました。

岡谷市社会福祉協議会 基金(寄付金)金額75,352円

平成29年度
会長 荒木 照三様
平成30年度
会長 清水 将弘様
その他、役員の皆様に参加いただきました。

ありがとうございました。
08:30
2018/03/23

【寄付】ユニー㈱”小さな善意で大きな愛の輪”

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

ユニー株式会社 アピタ岡谷店様 ”小さな善意で大きな愛の輪”運動による
第55回精算結果と寄贈について

ユニー株式会社アピタ岡谷店様では、各店店頭に募金箱を設置しお客様から
善意のお金を募っていただきました。
第55回平成29年2月21日から平成30年2月20日の精算結果は、中京地区合計で
677,938円とのことです。

このキャンペーンは、昭和52年、ユニー株式会社様のシンボルマーク制定記念
チャリティーキャンペーンとしてスタートし、今回までの累計は172,258,818円とのことです。

今回は岡谷店様より第55回分の精算額である
下記の金額を寄付いただきましたのでご報告いたします。

岡谷市社会福祉協議会の基金(寄付金)へ40,785円

アピタ岡谷店 店長  井戸 新二様より受け取りました。
ありがとうございました。

ユニー㈱様のCSRの取り組みは下記ホームページを御覧ください。
ユニー㈱CSR
17:15
2018/03/13

【寄付金】長野県労働金庫 諏訪湖支店運営委員会様

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協
3月6日に、長野県労働金庫 諏訪湖支店運営委員会様より寄付金をいただきましたのでご報告いたします。

2017年10月21日(土)第29回チャリティ
ろうきん親子アニメ祭りの売上金22,000円を寄付いただきました。

ろうきんは、労働者、生活者のための組織なので、
地域の労働者、生活者の福祉に役立ててほしいということで寄付をいただきました。

事務局長へ渡す様子

長野県労働金庫諏訪湖支店運営委員会
委員長 武田 彰 様

岡谷市社会福祉協議会福祉基金として、地域福祉の各種事業に大切に使わさせていただきます。

ありがとうございました。

長野県労働金庫ホームページ
11:28
2018/03/11

「岩手県山田町社協との災害時相互応援協定」締結

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

「岩手県山田町社会福祉協議会との災害時における相互応援協定」締結について


岡谷市社会福祉協議会の伊藤です。

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの方が被災されました。改めて被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。


7年前発生した東日本大震災で、岡谷市社協はブロック社協派遣で岩手県山田町へ被災地支援として職員の派遣を行いました。


災害発生初年度の支援を契機に約5年間にわたり復旧・復興支援として定期的に職員の派遣を行ってきました。

被災地である岩手県山田町社協との間にできた繋がりを大切にしていきたいとの思いから、平成30220日(火)に岩手県山田町において、「災害時における相互応援協定」の締結式を無事に終えることができました。

今後は災害時だけではなく、平常時においても情報の交換や職員の派遣等をとおして、お互いに応援できる体制を整えていきたいと考えています。

締結の様子

会長が並ぶ様子


両方の社協職員が横に並ぶ
08:30
2018/03/05

岡谷市社会福祉協議会 正規職員 募集

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協
岡谷市社会福祉協議会は、正規職員を募集します。


1. ケアマネージャー(正規職員) 1名
☆勤務内容
  • 介護保険及び障害福祉サービスの計画作成等

☆募集条件
  • 介護支援専門員資格を有する方で概ね40歳未満の方(※省令3号のイ)※長期継続によるキャリア形成のため
  • 普通免許

☆勤務形態
  • 月曜日~金曜日 週5日 8:30~17:15

☆待遇:
  • 月給制 ※岡谷市行政職俸給表(一)使用
  • 前歴経験等による 定期昇給、昇格あり
  • 賞与(年2回)各種手当
  • 社保完備
☆勤務開始日
  • 平成30年4月から(勤務開始日については要相談)

●経験年数等は不問です。社会福祉に熱意があり、長く勤めていただける方をお待ちしております。



2. ホームヘルパー(正規職員)  1名
☆勤務内容
  • 在宅での身体介護・生活援助(家事等)及び計画作成等
☆募集条件
  • 介護福祉士資格を有する方で概ね30歳未満の方(※省令3号のイ)※長期継続によるキャリア形成のため
  • 普通免許
☆勤務形態
  • 日曜日~土曜日の間の週5日(週休2日)
  • 8:00~20:00の間の7時間45分
  • ※シフトによる勤務のため勤務日・勤務時間変更あり
☆待遇
  • 月給制 ※岡谷市行政職俸給表(一)使用
  • 前歴経験等による 定期昇給、昇格あり
  • 賞与(年2回)各種手当
  • 社保完備

☆勤務開始日
  • 平成30年4月から(勤務開始日については要相談)
●経験年数等は不問です。社会福祉に熱意があり、長く勤めていただける方をお待ちしております。

☆応募、詳細についてはお問い合わせは
岡谷市社会福祉協議会 (担当:中村)
TEL:0266-24-2121 FAX:0266-24-3555
✉info@okaya-shakyo.or.jp


08:30
2017/12/18

寄贈「カメラ一式」信越地方郵便局長会

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

1214日(木)信越地方郵便局局長会 南信北地区会より公共事業の一環として、岡谷市社会福祉協議会にカメラ一式を寄贈いただきましたのでご報告いたします。

岡谷市社会福祉協議会では、写真を使い、地域福祉の情報や、地区社協の活動の報告、寄付について、社協会費の使いみち、赤い羽根共同募金の使いみちなどを皆様に伝えてきました。

しかし今まではコンパクトカメラを利用したものでした。社協の事業は、室内で実施されることも多く、撮影には支障がでていました。例えば、顔がブレてしまう。フラッシュを使うといかにもフラッシュを使ったとわかるような写真になってしまう。動きの早いスポーツや、子どもたちの活動はシャッタースピートが追いつかず撮れない。という状況でした。

 

 今回信越地方郵便局長会 南信北地区会様には、広報に支障が出ている現状をご理解いただき、公共の福祉の一環として、デジタルカメラ一式を寄付していただきました。

 毎年部会持ち回りで地域福祉に関わる団体に寄付いただき、事前に要望を伺ってくださってから寄贈いただいているとのことです。

 岡谷市社会福祉協議会は、寄付いただいたカメラを活用して、広報、ホームページ、facebookなどで、地域福祉の活動や事業をより綺麗に市民に伝えるとともに地域福祉を広めてまいります。

 ボランティアセンターの企画、パラアイスホッケー日本代表チームを応援しよう!!でも寄付いただいたカメラを活用して、選手を応援する市民の様子をわかりやすくお伝えし応援の輪を広げていきます。

 寄付いただきありがとうございました。

 

信越地方郵便局長会 南信北地区長会 岡谷部会

代表者 岡谷東銀座郵便局長 宮坂 敦尚様

岡谷中央町郵便局長 稲葉 洋一様

 

カメラ一式

Nikon D5300

フラッシュライトSB-500

SDカード SanDisk32GB

カメラバッグ

信越地方郵便局長会http://www10.plala.or.jp/sinkyou/

中田会長がカメラを受け取るところ


08:49
2017/08/23

㈲美よう室 湖畔 様 福祉基金寄付について

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

平成29823有限会社 美よう室 湖畔 様 より57,088円を

岡谷市社会福祉協議会福祉基金に寄付頂きました。

昭和58年から継続されて今回で29回目の寄付です。

 

お子様カットデーを開き、通常の半額でカットし売上を寄付いただきました。

全売上金94,176円のうち半分の47,088円と募金箱16,362円を

社会福祉法人 つるみね福祉会 つつじが丘学園 様へ

残り半分の47,088円と職員の寄付10,000

合計57,088円を岡谷市社会福祉協議会に寄付頂きました。

 

開業当初より、地域に貢献したいという思いから寄付を続けています。

従業員の理解や、なによりお客様の理解があって続けられた。

今後も続けていきたいとのことです。

 

この寄付は岡谷市内の地域福祉のために大切に活用させていただきます。

募金を手渡す様子


16:04
2017/08/14

岡谷区23町内の高齢者サロン「夕日山お元気かい」

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

岡谷区23町内は、諏訪湖が見下ろせる坂の上にある地域です。いきいきデイをはじめとする様々な活動が行われている区の公会所までは歩いて行くには遠い場所であるため、近くの集会所でまずは町内のみんなでお茶飲みを、と地域の方が70歳以上の方に声をかけて2015年に立ちあがったサロンです。

今では、談話、体操、ゲームなどのレクリエーションや、市の出前講座を利用して学んだり、たまにおしゃれなランチにも出かけたりと活動内容もいろいろです。

 地域のみんなで助け合っていこうという思いで始まった「夕日山お元気かい」。皆さんのつながりの強さを感じます。

 

春のお花見。遠くに諏訪湖がみえます。

 

市の出前講座で物忘れチェッカーを体験しました。

 


はじめての企画 町内の小学生との交流。

いつも以上ににぎやかに!


担当 片倉がお伝えしました。

この事業は赤い羽根共同募金の助成事業です。

09:27
2017/08/04

コミュニケーション麻雀 長野県初上陸!

Tweet ThisSend to Facebook | by 味澤@岡谷社協

担当:片倉

 岡谷市社会福祉協議会では、地域の集まりの場でのつながり作りのツールとして、また、集まりの場への参加をためらいがちな男性の皆さんにも興味を持ってもらい、参加のきっかけになればと、コミュニケーション麻雀を購入しました。

 

81日のいきがいデイサービスの援助員会議で体験会を開催し、華々しく岡谷デビューを果たしました。

コミュニケーション麻雀は、タワシほどの大きさの牌を使って、チームで楽しくコミュニケーションをとりながら行うゲームです。麻雀に馴染みのある男性はもちろん、麻雀経験の、ない女性でも、初心者の方から無理なく楽しめるように工夫されたゲームになっています。

 コミュニケーション麻雀協会の松尾やよいさん、高瀬由美さんが、遠く神戸から来てくださり、ゲームのルールを軽妙な関西弁で説明してくださいました。会場はずっと笑いと歓声につつまれ、おおいに盛り上っていました。

 たわしサイズの牌が積み上がっている様子

  

「お~っとととととと・・・」2人で息を合わせて・・・クレーンゲーム(導入ゲーム)

 

 牌が机に散らばり助け合いながら並べている

「それ取って」「はいどうぞ」声を掛け合いながら・・・並べ替えゲーム(導入ゲーム)

 

全員で手を繋いでいる 

全員一緒に声と心を合わせて「できた!!」

 導入ゲームで牌になれてきたらいよいよ麻雀のゲームに。

相談しながら牌を選ぶ
「どれにする?」「これかなぁ」  相談しながらゲームをすすめていきます。

 

 参加された援助員さんたちからは、「麻雀はできないからと思っていたけれど、高齢者でも楽しめるゲームでした」「年齢性別に関係なく楽しめそう」といった感想をいただきました。

 

今後、生きがいデイサービス以外にもサロンや地域の会合などでも活用していただき、コミュニケーション麻雀を通じてじわじわと岡谷に笑顔の輪を広げていきたいと思っています。

 

コミュニケーション麻雀セットの貸し出しも行っていきますので、興味のある方は、まずはお気軽に岡谷市社会福祉協議会へお問合せください。

 

 

ちなみに、翌日の82日には、諏訪ブロック社協の職員を対象にした“お披露目会”も開催し、各市町村社協の職員さんにも実際に体験していただきました。

 諏訪地区社協職員が立ち上がりながらゲームを楽しむ

 

 


16:15
12
プライバシーポリシー |  マップ |  リンク | 
岡谷市社会福祉協議会
〒394-0081 長野県岡谷市長地権現町4丁目11番50号
電話 0266-24-2121 FAX 0266-24-3555
info★okaya-shakyo.or.jp (★を半角@に変えて下さい。)
Copyright(C) 2016-2017 岡谷市社会福祉協議会 AllRightReserved.